人と組織が同時に成長する「最強のチームビルディング(R)」COACHING FARM JAPAN

business

CASE STUDY実績

直筆アンケート

最強のチームビルディングプログラムを受けたお客様の声

会社全体が良い雰囲気になってきました
会社全体が良い雰囲気になってきました

リーダーの役割はもちろん、部下に対しての接し方を考えさせられる機会を、この研修によって頂いたと思います。
部下に対しての接し方でも、どのように声をかけたり、仕事を頼んだりするのが効果的なのかを考えているのと、いないのとでは、出てくる結果、成果は違ってくるでしょうし、失敗しても次に改善していけると思います。

・コミュニケーションの大切さ、相手を見る・知るということの大切さを教えられながら、 自分自身がそうしたことをおざなりにしていたのではと反省しました。

この6ヶ月を振り返って、会社全体も良い雰囲気になってきたと思いますが、それはこの研修に参加している他のリーダー達の成長があるからだと感じています。私自身も負けずに頑張っていきます。

行動してもいいんだ、そんな心境です
行動してもいいんだ、そんな心境です

成長についてですが、心の中で思っていることが広がった、そんな気がします。
寛大になったというか、許させること、行動してもいいんだ、そんな心境です。
失敗をする事が勉強・改善するチャンスであり、助け合う機会ととらえだしている。
サポートしてもらった時、してあげた時、その感謝が糧になる、次がある。

仕事については、やはり軽くなった事が挙げられます。
流れを受け止められる、そんな場ができつつあります。

お客さんの気持ちをつかめるようになりました
お客さんの気持ちをつかめるようになりました

研修が始まる前は、目の前の作業に追われる日々でしたが、 研修が始まって次第に他の社員に私の作業を少しずつ任してみたりして、 自分の時間を作るようになりました。

先生との約束もあり、昼から自分が理想とするような業務に時間を使ってみました。
最初は行動出来てなかった事も実践あるのみです。

全てはうまくはいかないものでしたが、 研修の学びを実践で使う事により、6ヶ月前の私より、今の私の方が、 お客さんの気持ちをつかめるようになりました。

自分の不足な点を具体的に理解できる場でした
自分の不足な点を具体的に理解できる場でした

振り返ってみて、自分自身の変化というのはまだ見えておらず、試行錯誤しています。
研修を受ける事で、逆に悩んだり、考えたり 行動に移せないでいる事がある様に思います。
ただ、考え過ぎたりするより、行動に移す、やってみるなど、今まで行動に移すのに時間がかかっていたことが少しは出来るようになったり、研修を受ける事で自分の問題点や愚痴っぽいものが他の人も思っているのでは・・・と考え直したりと感じています。

自信と行動そして結果(成果)を意識し続ける事を努力していく事が大切だと思いますので、研修はいろいろ自分の不足な点を具体的に理解できる場として良かったと思います。

研修を行って初めて気づく問題が数多く見つかりました
研修を行って初めて気づく問題が数多く見つかりました

この6ヶ月を振り返りますと、個人としても全体としてもさまざまな変化があったと思います。改善必要な所も多くあると思いますが、研修を行って初めて気づく問題が数多く見つかったと思います。

会社全体では売り上げへの意識は高くなったと思われますが、チームに対する自分の考え方が変わり、ある程度の部分はまかせようと思う反面、売り上げのために迷いながらも、同行なので手を貸してしまうジレンマに落ちいっていると思います。

問題が残っている所も有りますが、成長過程においての課題だととらえ、解決していこうと思います。

チームビルディング研修を受けたお客様の声

評価ではない。比較しない。相手をよく見て本当に思った事を言うことが大切でした
評価ではない。比較しない。相手をよく見て本当に思った事を言うことが大切でした

チームで仕事をするうえで大切なのは、情報の共有化・双方向のコミュニケーションによって信頼関係を生み出す・協働することがチームで仕事をすることである。

・日頃から相手のことを良く見ていることで、相手の存在を認め、行為・言葉で伝えることができる。(評価ではない。比較しない。相手をよく見て本当に思った事を言う。

・あいさつは顔を見て、話をするときは相手の目を見てする。

以上のことを実施するように努めていきます。

わかりやすい説明と資料でした
わかりやすい説明と資料でした

色々と楽しく勉強させて頂きました。

中でもチームビルディングのコミュニケーションの取り方とか協働することはわかりやすい説明と資料でよかったです。

又、コーチングは営業でも使えますので少しずつ思い出しながら活用してゆきたいと思います。

いろいろな個性の人が集まることで良いチームになることを学びました
いろいろな個性の人が集まることで良いチームになることを学びました

いろいろな個性の人が集まることで、よりよいチームとなり、よい結果を導き出すことができるということを学びました。あの人とは合う、合わないではなく、個性を認め合うことだと思いました。

また、よりよいチームを作るには、それぞれが自分の役割を果たさなければなりません。

このように考え、以前より思っていることを口に出し、積極的に参加するようにしています。

積極的に自ら動いて仕事をする様に心掛けています
積極的に自ら動いて仕事をする様に心掛けています

チームで仕事をするには、自ら情報を取りに行くこと、双方向のコミュニケーションをとること、一人一人の強みや弱みを補って協働することが必要だということが分かりました。受身の体制で仕事をするのではなく、もっと積極的に自ら動いて仕事をする様に心掛けています。

内面の性格のようなものが細かく影響してくることがわかりました
内面の性格のようなものが細かく影響してくることがわかりました

組織論など若い頃にはよく本を読み、先輩に教えてもらったりしたが、今回、組織を動かすのに個人個人の目に見えない内面の性格のようなものが細かく影響してくることに新たに知識として入ってきた。

多くのことを実施しているつもりだが、特に社内の全員との明るい対話と相手の考えをよく知り理解しようとする努力と実践。

インタビュー

言葉のマジックです。気づかせるっていう。
自分の頭の中で整理して自分で発見する、気づく。
気づいた後には改善点が見えてくる。
私たちの世代には上から下にいうのが当たり前だったんですよ。
でも今の世代の人にはそれじゃあ通じないんですよ。それを埋めてくれるのがコーチングかなって思いましたね。

前田美樹様

コーチングプログラム 受講
ケアサービス神姫 前田美樹様

自分たちの”思い”を引き出してくれる。
自分の中で悩んでる部分に対して、ちゃんと明確な説明と答えを示してくれる。
子供たちに接するときにも、指導するにしてもすごい大事な部分を教えてくれたんです。子供に対しての接し方っていうのが変わってきたなって実際思うので、すごいよかったと思います。

桂利夫様

コーチングプログラム 受講
NPO法人 サンブロススポーツクラブ
事務直運営総括 桂利夫様

石見さんは僕の「もう一つの脳」。
自分が持っているけど使えていない部分を引き出してくれる感じがします。
自分の視野が、初めは1カ月、2カ月も見れるか見れないかだったのが、3年後、2年後を見通してじゃあ、今はこうしようっていうところだったり、過去1年前と比べて今どうなのかっていうところを見ながら話が進んでいる気がします。

北中宏忠様

コーチングプログラム 受講
きたなか整骨院 院長 北中宏忠様

的確な判断ができるようになった。
迷うことなく、裏付けのある答えを出せるのが、日々仕事してて気持ちいいね!
物事に対して、焦ることがなくなったね。機を熟すまで待てるようになったというか、来るべくして来ると思えるようになった。以前は待てなくてどうしょうかっていらいらして、焦ることが多かった・・・。

井上 智裕様

ビジネスコーチング+チームビルディング研修 受講
三五屋青果株式会社(卸売業)代表取締役 井上 智裕様

動画

株式会社きたなか 北中社長インタビュー(動画)

事業

整骨院とリラクゼーションサロンを展開しています。

当初の課題や悩み

売上は順調でしたが、人の悩みがあったり、もっとチャレンジしたいけれどどうしたら良いかわからない、という状況でした。

具体的には、新しい事業展開などをスタッフに提案しても「どうしてそれをやらないといけないんですか」などといった反応が返ってくることが増えていました。

成果

これまで家業だったのを、組織にする、その作り方を教えてもらいました。

スタッフから株式会社きたなかにやりがいを感じてくれている、という声を多く聞くようになり、スタッフに治療院の運営を任し、新たなビジネスに取り組むことができる体制ができました。

その結果、治療院1店舗のみの状態から、コーチング・チームビルディングプログラムを取り入れることで、店舗が8店舗まで増えました。

店舗が開業初月から黒字にすることができています。

さらにはコンサルティング事業もスタートできるようになりました。

株式会社アステック 森本社長インタビュー(動画)

事業

水の浄化や太陽光発電など環境エンジニアリングの会社です。

当初の課題や悩み

リーマンショック後、ある程度会社は復活していたものの、生きるか死ぬかという切迫感のある状況でした。

そうした状況の中で、今後何をやっていけば良いのかを模索していました。

そんな中、GoogleのシュミットCEOがコーチをつけて良かったと言っていたのを聞いて、コーチをつけるということに興味を持ちました。

成果

初めてコーチングを受けた時に、「できるかできないかは別として、どういう会社にしたいんですか」と聞かれ、全然できる気はしてなかったのですが、「20人で10億売り上げる技術者集団にしたい」という言葉が、ふと口から出てきました。

そんな話を石見さんとしているうちに、「もしかしたらできるかも」という気持ちになり、スイッチが一気に入りました。

その結果、全く新しい事業に参入することを決断しました。

新しい事業を立ち上げるのにチカラを入れる必要がありましたが、今まで行なっていた本業も事業部長が育ち、本業も新規事業も好調に推移するようになりました。

コーチング、エグゼクティブコーチングを取り入れることで、売上が2倍以上、利益は10倍以上のアップとなりました。

全但バス株式会社 成田様インタビュー(動画)

最強のチームビルディングプログラムを受けてから1年後にインタビューさせていただきました。

事業

バス事業  旅行事業
全但バス株式会社http://www.zentanbus.co.jp/

背景

会社が経営危機に陥り自力再生を断念し、他社の支援を経て経営再建の目途を付ける過程の中でリストラクチャリングを全社的に行う。
財務状況に明るい状況が見え始め、今後より自律的な経営をする段階に入る必要があった。
リストラクチャリングの影響により会社全体で従業員のモチベーションが大幅に下がり、今後本当に自分達が自律的な経営をしていくことができるかどうかにおいても自信を持てない状況にあった。

導入のきっかけ

今後、自律的な経営をしていくためには、1年、1年の業績ともに全社的なモチベーション向上や中長期な視点での人材育成という複雑かつ近々な課題をもクリアしていくためにチームビルディングの手法を取り入れ、複合的に課題解決に臨むことに決めた。
業績向上とモチベーション向上の両方の先導役となる中堅・実務リーダーに自律したリーダーになってもらうことを主眼においた導入になった。

プログラム参加に選ばれたリーダーたちは、自分達の部署の責任者でありながら会社変革のためのプロジェクト立ち上げ、推進していくことに取り組む。